2013年12月05日

英検1級の単語リスト勉強法

ec05.jpg

あなたも薄々勘づいてはいると思いますが、学生時代のテストも含めて、試験の点数なんて要領の良い人はなぜか自分の実力以上の点数を取ってしまうもので、

英検一級に関しても、あなたよりも明らかに英語の実力が伴ってない人でも、不思議と鮮やかに合格を勝ち取ってしまっています。


英検一級の試験では努力が必ずしも報われるわけではなく、要領の良さも重要となってくるわけですが、チェルシー式 英検1級突破講座一次試験編ならば、

要領の良い人たちが実践していた隠されたノウハウが数多く紹介されています。

ec01.jpg

たとえば、問題を解く順番に関しても、最初からやらなければいけない決まりなんてあるわけじゃないので、

時間に余裕のあるうちに解いておいた方が良い上に、点数の比重が高い問題から取り組むべきで、具体的にどの問題あら手を付けていくべきなのか?

というのがチェルシー式 英検1級突破講座一次試験編で詳しく解説されています。


さらに問題文の読み方に関しても、あなたがこれまで常識的にやっていたことが実は足を引っ張る要因になっていたりするので、

そういった点をひとつずつ改善していき、試験本番でより短時間で問題を解いていけるようになります。


最終的には、あなたが持っている英語の実力そのものが問われるようになってくるのですが、いずれにしても重要となるのは、1単語でも速く英文に目を通して内容を理解する能力です。


たとえば今まで読むのに3分かかっていた長文を2分くらいに縮めることができれば、それだけ余裕を持って問題に解答していくことができます。


1つ1つの英文を読む時間を短縮するのは微々たる時間かもしれませんが、それが積み重なっていくと10分や20分といった感じで、

如実な違いとなって表れてきますので、普段の勉強から、英文を速く読む癖を身に着けるようにしておくと良いですよ。


あなたも、睡眠時間をぎりぎりまで削りながら勉強を続けても、試験になると本来の実力を発揮できず、悔しい思いをこの先も続けることになる前に、

英検一級特有の主題パターンをマスターして、今よりもずっと力を抜いても試験に楽々合格できるようになりませんか?



ec03.jpg

チェルシー式 英検1級突破講座一次試験編で、時間に余裕を持って解答を終える実力を身に着けて、念願の合格を勝ち取るにはこちら



性病 何科|性病検査はここでやろう。
【RMM】本田式・強迫性障害改善プログラム リカバリーマインドメソッド 本田雅人 口コミ評判
posted by ルイス遠藤智美 at 04:21| 英検1級 単語リスト勉強法 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。